カルバトールはてんかんの治療に使われれるジェネリック医薬品です。先発医薬品よりもお得な値段で購入できます。また、鬱病などの気分障害の治療にも使われる医薬品で、症状が出やすい人はカルバトールについて知っておいて損はないでしょう。

薬と瓶

カルバトールはジェネリック医薬品のひとつで、厚生労働省からは承認を受けていません。
しかし同じ成分を持つ先発薬は承認されているので、効果は確かだと言えるでしょう。
日本の医療機関では処方を受けられないため、手に入れるには通販サイトなどで個人輸入する必要があります。
先発薬のテグレトールよりも安価で購入できる点がメリットです。

てんかんは脳神経の過剰な興奮が原因となって、けいれんや意識障害を起こす病気です。
したがっててんかんの発作を抑えるには、神経の興奮を抑えればよいことになります。
神経細胞はナトリウムイオンやカルシウムイオンを放出・受容することで興奮を伝達し、塩化物イオン等の作用で興奮を抑制します。
カルバトールはナトリウムチャネル阻害薬と呼ばれる薬で、神経細胞がナトリウムイオンを受け取れないようにします。
その結果、脳神経の興奮が伝達されなくなり、てんかんの発作が治まるという仕組みです。

このメカニズムにより、てんかんの複雑部分発作には効果が高く、側頭葉てんかんの特効薬とされています。
小児てんかんにも処方されることが多い薬です。
また同じ原因で起こる三叉神経痛にも有効です。
興奮を抑える作用があることから、躁うつ病の躁状態や、統合失調症の興奮状態にも処方されます。

カルバトールは即効性は低く、効き目が現れるまでに、長い場合は数週間飲み続ける必要があります。
飲みはじめは血中濃度が高くなりやすいため、最初は少量を服用し、少しずつ増やしていくのが望ましいとされています。
副作用として眠気や運動機能の低下があり、車を運転する人は注意が必要です。
また発疹や貧血が起きることもあるので、このような場合は医師の診察を受けることが大切です。

アーカイブ
人気記事一覧
    サイト内検索
    最近の投稿