カルバトールはてんかんの治療に使われれるジェネリック医薬品です。先発医薬品よりもお得な値段で購入できます。また、鬱病などの気分障害の治療にも使われる医薬品で、症状が出やすい人はカルバトールについて知っておいて損はないでしょう。

  • ホーム
  • 鹿児島のてんかんセンターの患者数とカルバトール

鹿児島のてんかんセンターの患者数とカルバトール

てんかんは最も頻度の高い神経疾患の一つで、患者数は全国でおよそ100万人とされます。
てんかんは脳の神経細胞が持つ規則的なリズムが崩れて、異常な興奮が訪れ様々な身体的または精神的症状を起こします。
歴史的にも古い疾患なので患者数は今後も増えると予想されています。
てんかんは適切な薬を服用することで発作を抑制することができます。
しかし、てんかんによる発作は様々な種類があるので、自分がてんかんだと気づかなかったり診断されなかったりするので、本来は改善されるはずの患者数も少なくありません。

てんかんの治療を続けると副作用や仕事、運転など日常生活で多くの問題が発生します。
そのような問題を包括的に解決する目的で設立されたのが、鹿児島大学大学病院てんかんセンターです。
鹿児島県にも様々な年齢や症状のてんかん患者がいます。
精神症状を併発する人もいるので、鹿児島大学病院では小児科と神経内科、精神神経科、脳神経外科と様々な視点から治療にあたっています。

治療の基本は内服薬です。
発作によって脳が興奮する部位が異なるので、最も適した抗てんかん薬を用います。
カルバトールは抗てんかん薬の一つですが、脳神経や末梢神経細胞のNaチャネルを遮断する作用があります。
これによって膜活動部位の立ち上がりが妨げられるので、てんかんでは側頭葉部分発作の特効薬としてカルバトールを用います。

通常はカルバトールなどを1種類服用して、発作が抑制されるまで薬を増やします。
1種類の薬で効果が出ない時は、別の薬に変えるかさらに薬の種類を増やします。
センターではてんかん発作の種類は、問診と診察、脳波検査、画像診断、脳磁場から総合的に判断しています。

人気記事一覧