カルバトールはてんかんの治療に使われれるジェネリック医薬品です。先発医薬品よりもお得な値段で購入できます。また、鬱病などの気分障害の治療にも使われる医薬品で、症状が出やすい人はカルバトールについて知っておいて損はないでしょう。

カルバトール輸入代行

男性の医者

抗てんかん剤の1つでもあるカルバトールは、一般的には医者からの処方箋を利用した場合に限り、購入することができる医薬品です。
カルバトールは通販でも求めることはできますが、他の購入方法としては個人輸入で行なうことができるようなっており、この場合には、ジェネリック薬であるために安く購入することができるようになっています。
個人輸入を行なう場合には、大きく2つの方法が用いられることになります。
それは、手続き等全てを自らで行なう方法と輸入代行を利用する方法とになります。

中でも輸入代行は手続きや支払い、また、万が一のトラブルにも対処ができ利便性の高い方法となります。
依頼をすることによって簡単に購入をすることができるようになっています。

但し、この場合には注意を必要とする内容もあり、よく確認をしてから依頼をする必要があります。
まず、医薬品を輸入する場合には厚労省による規制がかけられている場合も多く、そのために依頼をする代行業者が合法的な内容で輸入を行なってくれるのかという心配があります。
実績があったり広く知られている業者の場合には心配はいりませんが、中には違法な業者も存在しています。
場合によっては違法ドラックと抱き合わせで輸入をされる可能性もあるために信頼のできる業者に依頼をすることが大切なことになります。

また、輸入をする分量に関しても注意をする必要があります。
個人輸入を行なう場合には医薬品等では1ヵ月以内の分量と定められています。
例えば、カルバトールの場合には、成人性別を問わず1日2錠となっているために換算をした場合には60錠となります。

実際、厚労省では、毒物、向精神剤及び処方せん薬を除いた外用薬では1品目24個以内、毒薬や劇薬、また、処方箋薬の場合には用法容量からみて1ヵ月分以内、そして他の医薬品等に関しては2ヵ月以内と定めており、超える場合には違法となるために注意が必要となります。

人気記事一覧