カルバトールはてんかんの治療に使われれるジェネリック医薬品です。先発医薬品よりもお得な値段で購入できます。また、鬱病などの気分障害の治療にも使われる医薬品で、症状が出やすい人はカルバトールについて知っておいて損はないでしょう。

  • ホーム
  • てんかんや躁などの病名の診断を受けたらカルバトール

てんかんや躁などの病名の診断を受けたらカルバトール

最近、ニュースやワイドショーなどでてんかん発作や躁病などの病名をよく耳にしますが、一体どのような病気なのでしょうか。
てんかんとは簡単に言えば大脳にある神経細胞の電気の乱れという表現がしっくりきます。
通常私たちの脳は体に指令を与えるとき、神経細胞に電気的信号を与えて、体の各部位に動作をするように連絡しています。
てんかんとはその電気信号が突然乱れてしまい、意識喪失やけいれんなどの症状を引き起こしてしまいます。
次に躁病ですが、精神疾患による気分障害で気分が異常に高揚したり、それに伴い支離滅裂な言動を発したりする状態になる事を言います。

このような病気の対処のために、通常医師は正規薬を処方しますが、このジェネリック医薬品にあたるのがカルバトールという薬です。
興奮状態を改善することから、てんかんやそう状態の治療薬として使用されています。
医薬品として正規に認定されている薬とは成分が同じという事からカルバトールの効果は期待されています。

一方で、副作用もあるので注意が必要です。
高ぶった神経を抑える効果があるために、必要以上に効果が出すぎると、精神の抑制作用が出てきて、鬱っぽい症状が出てきたり、食欲不振や吐き気、頭痛、気分の変調等を伴う場合があります。

もし医師から躁病やてんかんなどの病名を診断された場合、病気の対処としてカルバトールの使用を継続して行う必要があります。
しかし、自分で量を調整したり、病気に対しての自己判断を行って、急に薬の服用などを中止してしまうなどの間違った対処をしてしまうと、気分の変調を引き起こしたり、鎮静効果が薄れてしまい、病気が悪化してしまう場合があるので注意しなければなりません。
もしそのような病名を診断されたときは医師に相談して、容量、用法を正しく聞いて、処方通りに薬を服用しましょう。